車に乗る上で必要なもの

自動車保険とは、自動車を利用する際に発生する可能性のある損害を補償するための保険のことをいいます。
発生する可能性のある損害というのは、たとえば運転中に壁に衝突してしまい、壁や車に傷がついた場合や、歩行者や自転車と衝突事故を起こしてしまった場合等を一般的に言います。この場合の壁や歩行者や自転車の運転手だけでなく、車を運転していた私たちに対しての保険というものも含めてすべてを自動車保険と総称しています。

自動車という乗り物は、ガソリンや電気の力で走る機械です。生身の人間が走ったり、自転車を使って走行するよりも遥かに速いスピードが出せますし、交通ルールを守って運転するのであれば安全ですし、生活の行動範囲も広がり、重い荷物もある程度は乗せることができる力持ちでもあります。

しかしながら、スピードが出るということは、何かにぶつかるときにはその分衝撃が強くなりますし、人とぶつかった場合には大きな機械がぶつかるわけですから、大怪我を負わせてしまうリスクを伴っているのです。事故は起こさない、巻き込まれないに越したことはありませんが、自動車に乗る以上いつかは事故に遭う可能性は常に付きまとっているので、その際の損害を補償する保険に加入する必要がある、ということになっています。

このページの先頭へ

どんな保険をえらべばよいか

しかしながら、保険と名のつくものの例にもれず、自動車保険もはじめて選ぶ際には何を基準にすればよいのか、どういった内容の補償やサービスを選べばいいのか。さらには保険料の料金設定はこれが妥当なのかといった部分が不明確であること場合が多いのです。
特に自動車保険の場合、自動車を購入する際によくわからないまま販売店にすすめられて保険に入り、必要のないオプションにまで加入して高い保険料を払っている、という人も実に多いといえます。
もちろん、自動車の販売店が進める補償内容と、自身の必要な内容がマッチしており、料金も妥当なものであることもあります。しかしながら、妥当なのかどうかもわからないまま加入してしまうことのないよう、詳しく見ていきたいと思います。

このページの先頭へ